FC2ブログ

2019年1月8日 相場分析

どうも、みっち〜です。

トレード結果の記事やゼロカットの記事などを書いていたら結構な長さになってしまったので、昨日のチャート分析は分けて書こうと思います。ちょっと長くなりましたが、最後までお付き合いいただければと思います。


短期的には上昇トレンドの収束、中期的には上昇と下落が繰り返される揉み合い相場、長期的には下落局面。

色々なシナリオが考えられますね。難しいことは経済学者さまに任せて、僕らは僕らなりのチャート分析をして相場で勝負していきましょう。



2019年1月8日の局面

20190108MT5トレード

20190108MT5トレード2



■大きい力が働いたあとは反発する力も働きやすい

■下落局面での大きい下ヒゲは上昇の転換になりやすい


何者かの力によって、大きい下落の力が爆発。大きい力をフォローする形で下落が加速していく。そうすることで大きい大陰線を形成していくことになります。大きい売り圧力は、大きい買い圧力に反発されて下落の局面であっても再び上昇してい場面がある。

その後、瞬間的な値動きであっただけのパターンだと一時的に元の流れに収束していくことも多い。
そのトレンドが本当であった場合は再び、一度届いたポイントを目指そうとする力が強くなる。



大きい下ヒゲと陽線

20190108MT5大陰線と大陽線

1時間足で見ていくと、大きく窓空けした大陰線をカバーする動きをしています。(窓閉め)この下落を修正するだけの余力が相場のどこかにあったことが伺えますね。それでも、一度手が届いてしまった104円台をどう捉えるか?これから面白い局面になってきそうです。

安値圏での長い下ヒゲと陽線の連なりは転換のサインとも言われています。単にそうなることが多い統計なのですが、ここのポイントから上昇していくと読む投資家は多いはずです。特に4時間足、日足でトレードをしているデイトレーダーからすると良いポイントで逆張れたんではないでしょうか。大陰線が出現した際にロングポジションを持ち、売りの圧力に耐えれたトレーダーは含み益を得ているはずです。

※窓を大きく開けるとは、急激な上昇や下落によってローソク足では表現できなかった場面を言ったりします。



次に折り返すポイントは?

20190108MT5折り返しポイント

109円台前半と読んでいます。僕は108.500を下割ったポイントでショートポジションを持ちましたが、現在は108.700台まで下落を修正してきています。投資家の期待としては戻り売りか上昇ブレイクを考えているはずです。ファンダメンタルズ派の投資家は長期的には円高と考えていると予想しているので、次に目安になるポイントは手が届きそうな109.000付近ということです。

現在はロング、ショートでポジションを持っている人は次の動きが出るのを待っている状態です。大きい時間足では決済されるポイントは広く、大きく勝てる場面もあるのですが、微損では済まない場面もあります。こういう時の対策ももちろんあるのですが、ここでは言わないようにします(笑)どうしても、教えてほしい方はご連絡ください〜


お仕事のご依頼、ツールに関してのご質問等やご購入はサイドバーにあるメールフォームからご連絡ください。
それでは、よろしくお願いいたします。

ではでは。



ブログランキングに参加しております!ポチっと~


テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション FX ツール チャートリーディング

みっち~のテクニカル分析は?

どうも、みっち~です。


僕が一体、どんなテクニカル分析をしているのか一部を公開していこうと思います。
「自由な生き方を考える投資ブログ」でもそこそこ記事にしていたのですが、こちらのブログでも備忘録として自分でも残しておこうと思います。



移動平均線を見よ!

20190104MT5MA

移動平均線は一番ポピュラーなインジケーターかと思います。
世界中の誰もが知っていて、誰もが使用しているインジケーターです。


僕もこのインジケーターには毎度お世話になっておりまして、色々なパラメーター設定で使用しています。特に固定した設定はしてなかったりします。その時の状況に合わせてパラメーターを変えたりするからです。これはある程度の裁量が必要になってくるのですが、相場は変化しますので固定していてはつまらないわけです。



みんな意識しているポイント

20190104MT5MA2

ここは重要なポイントになるのではないでしょうか。


みんなが見ているポイントは自分にとっても有利な場面へと導いてくれることが多いからです。
本屋さんに並んでいる本、インターネット上でも似たようなパラメーター値であったりします。

例えば、5日移動平均線、20日移動平均線、75日移動平均線とかですね。これが単純移動平均であったり、指数平滑移動平均であったりするわけです。ということは、こういった値は世界中のトレーダーが意識していることになります。

目安となるトレードサインはこういった値でも十分にトレードすることができるわけです。
僕のテクニカル分析のベースはこういったポイントを押さえて応用しています。


ご質問等はサイドバーにあるメールフォームからご連絡ください。
それでは、よろしくお願いいたします。

ではでは。



参考になりましたら、是非クリックをお願いいたします!


テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション FX ツール

プロフィール

みっち〜

Author:みっち〜
性別:男
年齢:32歳
職業:FX専業トレーダー
相場歴:9年目
趣味:映画鑑賞

どうも、みっち~です。
当ブログへようこそ。

独自のテクニカル分析で相場と向き合っています。自身のテクニカルをツール化してインジケーター、自動売買ツール化することもお仕事にしています。今後はFX教室も始めていこうと考えています。

トレードライフを綴っていきます。
よろしくお願いします。

自由な生き方を考える投資ブログ

別のブログも運営しています。

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
アイデアボックス Apr 13, 2019
一長一短を一つに Mar 31, 2019
新しいことに色々と挑戦していました Mar 18, 2019
Wonder Forex Life EA ベータ版 Mar 03, 2019
2019年2月12日 相場分析とトレード結果(途中経過) Feb 12, 2019
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR