FC2ブログ

2019年 年明けの相場分析

どうも、みっち~です。


早速ではありますが、年明けの相場分析をしていこうと思います。後付けになる部分もありますが、相場を見直すということはとても大事なことなので、続けていきましょう。経理の仕事もしていたので、ここの考え方は似ているんです。どちらも継続が大事なんですね。コツコツと続けていくことが実に成る。



大きく円高方向へ

20190104チャート1

日足以上で観ると円高方向に動きそうなのはわかります。
年末から年始にかけて大きく円高に推移しています。2018年始めからも大きく円高方向に推移していましたが、その後V字回復をして高値を付ける動きまで回復していきました。それが高値を付けたところから上昇の力がストップしてもみ合い相場に。その後、110円を下割り始めたあたりから売りと損切が買い勢を大きく上回り、急激な下降トレンドとなった見方をしています。



みんな意識しているポイント

20190104チャート2拡大

みんなが意識しているポイントはキリ番(切りのいい番号)ですね。今回は110.000が意識されていて、過去チャート見返してみると支えられているポイントが数か所ありますね。ここを大きく下に動く力が何回かあり、上昇する力が失われて大きく売りを加速させたという感じでしょうか。

114.000を目指す動きが3回ほど山があったにも関わらず、届かぬまま揉み合い相場へ。

世界中の投資家たちは恐らくですけど、下落するポイントを狙っていたと思います。
下落するような材料があれば、それをフォローするだけですし、下落すると読んでいた方も多かったと思います。短期移動平均線を見ても上昇して陽線の終値が短期移動平均線を上に抜けた個所も数日間で一か所しかありません。つまり、2018年12月後半では売りポジション保有していた人たちは含み益がある状態であったわけです。

結果として売りが買いポジションを大きく上回り、売りが加速していった。

ただし、大きい力には大きい反発も起こり得ます。
安値を更新していっても、逆張りしてくる(新規買い注文)投資家も多くいるので、③のように大きい下ヒゲができるわけです。この下ヒゲが上昇転換のサインとなり、短期移動平均線に戻ってくるというメカニズムになっています。短期移動平均線にローソク足が重なるタイミングで売りポジションを保有していた投資家たちは決済を仕掛けてくるか、戻り売りの準備をしているはずです。

今回の分析はこんな感じです。
相場がどうやって動いているのかは、チャートを見て判断しています。ニュースや新聞も見ますが、分析とは切り離して考えています。世の中が向かう方向はニュースや新聞で感じればいいし。それだけのことだというのが、僕の考え方です。

※これらの分析は僕がテクニカル分析をした上での見解で、投資に関して助言するする内容ではありません。


ご質問等はサイドバーにあるメールフォームからご連絡ください。
それでは、よろしくお願いいたします。

ではでは。



参考になりましたら、是非クリックをお願いいたします!


テーマ : FX(外国為替証拠金取引)
ジャンル : 株式・投資・マネー

tag : バイナリーオプション FX ツール

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

みっち〜

Author:みっち〜
性別:男
年齢:32歳
職業:FX専業トレーダー
相場歴:9年目
趣味:映画鑑賞

どうも、みっち~です。
当ブログへようこそ。

独自のテクニカル分析で相場と向き合っています。自身のテクニカルをツール化してインジケーター、自動売買ツール化することもお仕事にしています。今後はFX教室も始めていこうと考えています。

トレードライフを綴っていきます。
よろしくお願いします。

自由な生き方を考える投資ブログ

別のブログも運営しています。

ご連絡はこちらから

名前:
メール:
件名:
本文:

最新記事
アイデアボックス Apr 13, 2019
一長一短を一つに Mar 31, 2019
新しいことに色々と挑戦していました Mar 18, 2019
Wonder Forex Life EA ベータ版 Mar 03, 2019
2019年2月12日 相場分析とトレード結果(途中経過) Feb 12, 2019
カテゴリ
月別アーカイブ
人気ブログランキング
検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QR